地獄のアベクライシス相場 森友問題で外国人「売り」加速

公開日: 更新日:

 株式市場の動きが怪しい――。兜町で、そんな囁きが急増している。

「21日あたりから日経平均は上昇しておかしくなかったのです。通常なら、3月末の年度末に向けてドレッシング(お化粧)相場が出現する時期です。配当金を狙った『買い』も相当入る。ところが、株価は低迷したままです。何か不穏な感じがします」(市場関係者)

 為替相場が約1週間で3円近く円高に触れたことは株安要因だ。ただ、株価低迷のホントの理由は別にあるという。

「ここへきて海外投資家は『売り』に回っています。日本株の最大の買い手が、日本市場を見限り始めたのです」(証券アナリスト)

 東証によると、外国人投資家は3月第2週まで4週続けて「売り越し」だ。そればかりか、先週から「売り」に加速度がつき始めたといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る