日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松屋 秋田正紀社長<2>幹部候補生として大切に育てられた阪急電鉄時代

(提供写真)

 1983年、東大経済学部を卒業後、阪急電鉄に入社する。秋田社長を含む十数人の大卒社員は、幹部候補生として大切に育てられた。1年間をかけて車掌や運転士の研修を受けた後、電車運転士の国家資格を取得する。

「現場を知ることが目的なので、国家資格を取ったか…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事