日本酒革命になるか シャープが液晶技術で保冷バッグ

公開日: 更新日:

 目をつけたのは日本酒だ――。シャープは液晶で培った「蓄冷材料」を活用し、日本酒専用の保冷バッグを開発した。石井酒造(埼玉県幸手市)の純米吟醸酒「冬単衣」とのセットで、クラウドファンディングサイト「Makuake」で購入の募集中。1セット6600円(税込み)。

「冬単衣」はマイナス2度で飲むのに最適のお酒。だが、“氷点下弱”はお酒にとって、未知の領域だ。50度の「熱燗」、40度の「ぬる燗」など呼び名も、一番低い温度帯は5度の「雪冷え」まで。マイナス2度で飲まれることがないため、そもそも呼び名も存在しない。その領域は温度キープが難しいという。

「冬単衣」の製造元・石井酒造の石井明社長は「氷水や市販の保冷材ではうまくいかなかった。シャープの保冷バッグで、マイナス2度でキープすることが可能になった」と声を弾ませる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る