• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

独自の雇用制度で受賞 経営者・栢孝文「麻雀で培った思考」

「麻雀は会社経営に通じる」

 こうして、02年に「シグナルトーク」は産声を上げる。それから15年、会社は成長しても栢の麻雀への情熱は変わっていない。

「麻雀は会社経営に通じるところも多いんです。例えばセルフコントロール。運不運が付きものの麻雀では、負けている時でも腐らず、粘り強く打てる人がやっぱり強い。創業当初は、銀行やベンチャーキャピタルから鼻であしらわれるなど資金集めにも苦労しましたが、ある時、広告会社の社長の方と麻雀をする機会があり、私がひどく負けていたにもかかわらず復活したため、『君はゴキブリみたいだね』と言われました(笑い)。投げ出さず、工夫する、そんな姿勢が認められ、出資してくれたんです。会社が大規模なサイバー攻撃を受けたこともありますが、逆に『負けないぞ』とワクワクした気持ちで乗り切りました。麻雀で培った姿勢や思考法のたまものだと思っいます。何より、自分の好きなことだからこの仕事を頑張れるのかなと。それが一番大きいと思いますね」

 オンライン麻雀「Maru-Jan」のファンは年々増加を続け、今年中に会員数100万人を突破する見込みだ。

(敬称略)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る