• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ひと手間が楽しい「知育菓子」 手芸店とコラボの狙いは?

 大人でも楽しめそうだ――。カネボウの食品部門を引き継いだ「クラシエフーズ」(東京・港区)の知育菓子が、5年で売り上げ倍増と活況を呈している。

 知育菓子は、手順に従って材料を混ぜるなど、“ひと手間”かけて食べるお菓子だ。例えば、売れ筋の「ねるねるねるね」。粉と水を練ってキャンディーを作り、ラムネのチップをまぶして食べる。作る楽しさを経験でき、子どもの想像力、問題解決力を伸ばす効果があるといわれている。

 市場は拡大していて、クラシエフーズでは2010年から15年までの5年間で、知育菓子の販売額は2倍に増えたという。明治なども手掛けるが、クラシエフーズは、国内の知育菓子市場の約8割のシェアを持つ。

「“知育菓子”という呼び名は当社の登録商標です。前身のカネボウフーズが発売した“ねるねるねるね”が最初です。現在24種類あります。最近は難しいものなど大人にも楽しんでもらっています。輸出も好調で、売り上げが伸びています」(クラシエフーズ広報担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る