• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ひと手間が楽しい「知育菓子」 手芸店とコラボの狙いは?

 大人でも楽しめそうだ――。カネボウの食品部門を引き継いだ「クラシエフーズ」(東京・港区)の知育菓子が、5年で売り上げ倍増と活況を呈している。

 知育菓子は、手順に従って材料を混ぜるなど、“ひと手間”かけて食べるお菓子だ。例えば、売れ筋の「ねるねるねるね」。粉と水を練ってキャンディーを作り、ラムネのチップをまぶして食べる。作る楽しさを経験でき、子どもの想像力、問題解決力を伸ばす効果があるといわれている。

 市場は拡大していて、クラシエフーズでは2010年から15年までの5年間で、知育菓子の販売額は2倍に増えたという。明治なども手掛けるが、クラシエフーズは、国内の知育菓子市場の約8割のシェアを持つ。

「“知育菓子”という呼び名は当社の登録商標です。前身のカネボウフーズが発売した“ねるねるねるね”が最初です。現在24種類あります。最近は難しいものなど大人にも楽しんでもらっています。輸出も好調で、売り上げが伸びています」(クラシエフーズ広報担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る