大手が導入 “眼鏡支給”はタクシー業界の救世主になるか?

公開日:

 法人タクシー運転手の27%が65歳以上(2015年厚労省調べ)と過去最高。10年前の5倍だ。平均年齢は実に59歳。全就業者の平均が46歳(15年国勢調査)というから、タクシー業界の高齢化は深刻どころじゃない。

 タクシー大手「日の丸交通」は4月から、眼鏡大手「ジンズ」が開発した運転用眼鏡「ドライブレンズ」を導入。「高齢化が進み、目の負担軽減がいっそう重要になっている」(同社広報担当者)からだ。

 ドライブレンズは太陽光や夜間運転中のヘッドライトなどによるまぶしさを低減し、快適な運転ができ、サングラスのような濃い色でもない。

「サングラスの使用は接客上、控えていました。会社負担で、各運転手に合った眼鏡を支給。福利厚生の一環です」(前出の広報担当者)

 当面は約300人の運転手に導入し、将来的にはグループ各社の計3500人に拡大する予定というが、こうした福利厚生の充実が、タクシー業界の高齢化に歯止めをかけるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る