• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大手が導入 “眼鏡支給”はタクシー業界の救世主になるか?

 法人タクシー運転手の27%が65歳以上(2015年厚労省調べ)と過去最高。10年前の5倍だ。平均年齢は実に59歳。全就業者の平均が46歳(15年国勢調査)というから、タクシー業界の高齢化は深刻どころじゃない。

 タクシー大手「日の丸交通」は4月から、眼鏡大手「ジンズ」が開発した運転用眼鏡「ドライブレンズ」を導入。「高齢化が進み、目の負担軽減がいっそう重要になっている」(同社広報担当者)からだ。

 ドライブレンズは太陽光や夜間運転中のヘッドライトなどによるまぶしさを低減し、快適な運転ができ、サングラスのような濃い色でもない。

「サングラスの使用は接客上、控えていました。会社負担で、各運転手に合った眼鏡を支給。福利厚生の一環です」(前出の広報担当者)

 当面は約300人の運転手に導入し、将来的にはグループ各社の計3500人に拡大する予定というが、こうした福利厚生の充実が、タクシー業界の高齢化に歯止めをかけるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る