• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“蚕業革命”なるか 熊本に世界最大級の「養蚕工場」が完成

 現代の富岡製糸場になるかもしれない―――。求人広告を手がける「あつまるホールディングス」(熊本市)は先月、熊本県山鹿市に世界最大級の養蚕工場を完成させた(写真)。総工費は23億円。現在、試験稼働中で、7月から本格稼働させ、繭の生産量を3年以内に年間50トンにする予定。これは国内最大の産地である群馬県の年間生産量に匹敵するというから、すごい規模だ。養蚕と言えば、過去の産業というイメージがあるが、なぜ今、畑違いの養蚕に巨額の投資をするのか。

「あつまるHD」常務の島田裕太氏はこう言う。

「絹はファッション用途の高級志向もありますが、医療、化粧品、食品など新たな用途が広がりつつある。一方、世界的に生産量は減っている。大規模な参入者もいない。先手を打った格好です」

 思った以上に国内の養蚕業は散々だ。「大日本蚕糸会」が公表している全国の養蚕農家数。1994年に1万9000戸あったが、15年はたったの368戸と、94年の2%。いやはや壊滅的な状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る