“蚕業革命”なるか 熊本に世界最大級の「養蚕工場」が完成

公開日:

 現代の富岡製糸場になるかもしれない―――。求人広告を手がける「あつまるホールディングス」(熊本市)は先月、熊本県山鹿市に世界最大級の養蚕工場を完成させた(写真)。総工費は23億円。現在、試験稼働中で、7月から本格稼働させ、繭の生産量を3年以内に年間50トンにする予定。これは国内最大の産地である群馬県の年間生産量に匹敵するというから、すごい規模だ。養蚕と言えば、過去の産業というイメージがあるが、なぜ今、畑違いの養蚕に巨額の投資をするのか。

「あつまるHD」常務の島田裕太氏はこう言う。

「絹はファッション用途の高級志向もありますが、医療、化粧品、食品など新たな用途が広がりつつある。一方、世界的に生産量は減っている。大規模な参入者もいない。先手を打った格好です」

 思った以上に国内の養蚕業は散々だ。「大日本蚕糸会」が公表している全国の養蚕農家数。1994年に1万9000戸あったが、15年はたったの368戸と、94年の2%。いやはや壊滅的な状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る