東芝だけじゃない 東証1部・2部“危ない会社”を市場警戒

公開日:

 東芝ばかりに気を取られていると、痛い目に遭いかねない――。市場は気を引き締め始めている。

 6日、日経平均は2万円を割り込んで取引を終えた。終値ベースでの大台乗せは、たった2日で記録が途絶えたのだ。

「6日は利益確定売りや円高の影響で株価は下落しました。ここから先は個別企業の業績にしっかり目を光らせる必要があります。GC(ゴーイングコンサーン)注記の付いている会社は特に要注意です」(市場関係者)

 決算書に付記される「継続企業の前提に関する注記(GC注記)」を、市場は“危ない会社”のサインと判断する。2015年に倒産したスカイマーク(東証1部)や第一中央汽船(同)にはGC注記があった。

 17年3月期のGC注記企業は、東京商工リサーチの調査によると22社。東証1部、2部ではエアバッグ問題が業績を直撃したタカタや、電気機器の田淵電機など8社だ(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る