• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東芝だけじゃない 東証1部・2部“危ない会社”を市場警戒

 東芝ばかりに気を取られていると、痛い目に遭いかねない――。市場は気を引き締め始めている。

 6日、日経平均は2万円を割り込んで取引を終えた。終値ベースでの大台乗せは、たった2日で記録が途絶えたのだ。

「6日は利益確定売りや円高の影響で株価は下落しました。ここから先は個別企業の業績にしっかり目を光らせる必要があります。GC(ゴーイングコンサーン)注記の付いている会社は特に要注意です」(市場関係者)

 決算書に付記される「継続企業の前提に関する注記(GC注記)」を、市場は“危ない会社”のサインと判断する。2015年に倒産したスカイマーク(東証1部)や第一中央汽船(同)にはGC注記があった。

 17年3月期のGC注記企業は、東京商工リサーチの調査によると22社。東証1部、2部ではエアバッグ問題が業績を直撃したタカタや、電気機器の田淵電機など8社だ(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る