タカタ法的整理で自動車メーカーとの“10年戦争”に決着か

公開日: 更新日:

 長かった戦いにようやくケリがつこうとしている。欠陥エアバッグ問題で経営難に陥ったタカタは、今週中にも法的整理(民事再生法の申請)に踏み切ると伝わる。

「ようやく……という印象です。最初にホンダがタカタ製エアバッグをリコールしたのは約10年前の2008年。実はこの間、自動車メーカーとタカタ創業家はバトルを繰り広げてきたのです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 16年にリコール対象が世界で1億台を突破し、リコール費用は膨らむばかりだった。このとき、なぜかトヨタ自動車やホンダ、日産自動車など自動車メーカーが費用を負担した。その額は1兆円を超す。

「欠陥エアバッグ問題が浮上したとき、タカタはかなり強気でした。というのは、完成車メーカーとタカタは一蓮托生だったのです。エアバッグの開発はタカタ独自ではなく、各メーカーと組んで行ったといわれます。完成車メーカーは製造コストを抑えるため、タカタに無理難題を要求するケースもあったといいます。リコール費用を自動車メーカーが負担した理由のひとつです」(経済ジャーナリストの井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  2. 2

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  3. 3

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  4. 4

    石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

  5. 5

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  8. 8

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  9. 9

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  10. 10

    次は“一発KO”…西村経済再生相は週刊誌で次々と醜聞報道が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る