• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

欧州ワイン関税撤廃も…100円の値下げで売れる時代なのか

 日本とEUの経済連携協定(EPA)交渉が大枠合意し、EUから輸入されるワインの関税は即時撤廃。750ミリリットルのボトルで最大約93円の関税がなくなる分、店頭価格も安くなる見通しだ。業界もワイン好きもおおむね歓迎ムードだが、それで果たして欧州ワインが売れるのか。

「5年ほど前から始まった第7次ワインブームの牽引役は、チリを中心としたニューワールドのワインです。コンビニなどで、それもワンコインで気軽に買えるようになったことで、国内の消費量が一気に増えた」(酒造会社関係者)

 まあ、ブランド志向のセレブはさておき、一般の消費者はこの5年で、低価格でおいしいともっぱらのニューワールドの味に慣れている。

「チリワインの輸入価格はフランスの半分以下。今や、同じ価格だったら欧州よりニューワールドを選ぶという人のほうが多い。関税が撤廃され、1000円のフランス産が900円になったところで、すっかり浸透した500円のチリ産に勝てるかどうか、甚だ疑問ですね」(前出の酒造会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る