欧州ワイン関税撤廃も…100円の値下げで売れる時代なのか

公開日:

 日本とEUの経済連携協定(EPA)交渉が大枠合意し、EUから輸入されるワインの関税は即時撤廃。750ミリリットルのボトルで最大約93円の関税がなくなる分、店頭価格も安くなる見通しだ。業界もワイン好きもおおむね歓迎ムードだが、それで果たして欧州ワインが売れるのか。

「5年ほど前から始まった第7次ワインブームの牽引役は、チリを中心としたニューワールドのワインです。コンビニなどで、それもワンコインで気軽に買えるようになったことで、国内の消費量が一気に増えた」(酒造会社関係者)

 まあ、ブランド志向のセレブはさておき、一般の消費者はこの5年で、低価格でおいしいともっぱらのニューワールドの味に慣れている。

「チリワインの輸入価格はフランスの半分以下。今や、同じ価格だったら欧州よりニューワールドを選ぶという人のほうが多い。関税が撤廃され、1000円のフランス産が900円になったところで、すっかり浸透した500円のチリ産に勝てるかどうか、甚だ疑問ですね」(前出の酒造会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る