日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大幸薬品・柴田高社長<3>画期的商品クレベリンが大ヒット

大幸薬品の柴田高社長(C)日刊ゲンダイ

「正露丸」で有名なラッパのマークの大幸薬品の柴田高社長が、市立豊中病院の外科部長を辞めて大幸薬品の取締役副社長に就任したのは2004年11月。48歳のときだ。腕のいい外科医だったが、家業である大幸薬品の経営に携わることを決めた。

「公立病院の外科医が…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事