ビールや枝豆も…消費者物価指数6カ月上昇で食卓に大打撃

公開日:

 28日、総務省が公表した6月の消費者物価指数は前年同月比で0.4%上昇(生鮮食品除く)と、6カ月連続のプラスだった。

 それでも、日銀の黒田東彦総裁が目指す「2%の物価上昇」とは、まだまだ開きが大きい。日銀や政府は、物価上昇に向けた政策を推し進めるだろうが、ちょっと待ってほしい。庶民感覚からすると、これ以上、物価が上がるのは勘弁してほしい状況だ。

「日銀は生鮮食品を除いたコアCPIを物価の指数として採用していますが、これだけを見ると、生活実感とかけ離れてしまいます。庶民は、生活に欠かせない食料品の値動きに敏感です。毎日の買い物で、最も買うのは生鮮食品でしょう。だから、魚や野菜、肉の価格から物価を判断しますが、6月の生鮮食品はかなり上昇しています」(市場関係者)

 キャベツやレタスといった生鮮野菜こそ、前年同月比で4.0%減と値下がりだったが、生鮮魚類は6.7%増、肉類は1.1%増、酒類は5.5%増だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る