ビールや枝豆も…消費者物価指数6カ月上昇で食卓に大打撃

公開日:

 28日、総務省が公表した6月の消費者物価指数は前年同月比で0.4%上昇(生鮮食品除く)と、6カ月連続のプラスだった。

 それでも、日銀の黒田東彦総裁が目指す「2%の物価上昇」とは、まだまだ開きが大きい。日銀や政府は、物価上昇に向けた政策を推し進めるだろうが、ちょっと待ってほしい。庶民感覚からすると、これ以上、物価が上がるのは勘弁してほしい状況だ。

「日銀は生鮮食品を除いたコアCPIを物価の指数として採用していますが、これだけを見ると、生活実感とかけ離れてしまいます。庶民は、生活に欠かせない食料品の値動きに敏感です。毎日の買い物で、最も買うのは生鮮食品でしょう。だから、魚や野菜、肉の価格から物価を判断しますが、6月の生鮮食品はかなり上昇しています」(市場関係者)

 キャベツやレタスといった生鮮野菜こそ、前年同月比で4.0%減と値下がりだったが、生鮮魚類は6.7%増、肉類は1.1%増、酒類は5.5%増だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る