• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サラヴィオ化粧品・濱田拓也社長<1>別府温泉の藻を解明

サラヴィオ化粧品の濱田拓也社長(右は大分本社)/(C)日刊ゲンダイ

 小学5年生のころから、日本を代表する温泉地、大分県別府市で育った。

「生まれは(大分県の)豊後高田市ですが、川に行って釣りをしたり、ヘビを捕まえて振り回して遊ぶような“ザ・田舎の少年”でした。化粧品の会社を経営するようになるとは、思ってもいませんで…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事