• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サラヴィオ化粧品・濱田拓也社長<2>商売人で終わるのか

サラヴィオ化粧品の濱田拓哉社長(C)日刊ゲンダイ

 父親の建設会社では不動産部門や、ダイニングバー運営などの飲食部門も担当した。まだ10代のその頃、サラヴィオ化粧品誕生のきっかけとなるアドバイスを受ける。

「地元の大分は味噌や醤油、日本酒などの発酵・醸造業が盛んで、酵母を使って魚のうろこやカニの甲羅…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事