• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「クリーク・アンド・リバー」はVRコンテンツが刺激材料

クリーク・アンド・リバー社(C)日刊ゲンダイ

 日米株式市場は動きの非常に小さい日が続いていたが、北朝鮮関連の報道で一挙に変動率が高まり調整局面に入っている。

 北朝鮮も問題だが、ボラの小ささも重要な問題で、米国では上場企業の数が1997年の7355から直近では3600未満に減少し、しかも自社株…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事