• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日銀の“介入”も効果なし 北朝鮮リスクで相場大暴落の兆し

 北朝鮮が3日に6回目の核実験を強行してから、株式市場は大荒れだ。5日、日経平均は前日比122円安(0.6%安)の1万9385円で引けた。

「日経平均だけをみると、それほど下落した印象は受けません。ただ、5日は新興市場が大きく値下がりしたのです。相場全体が大暴落する予兆かもしれません」(市場関係者)

 5日、東証マザーズ指数は50ポイント(4.65%)安と大幅下落し、4月26日以来の安値(1025.46ポイント)を付けた。

「実は5日、市場関係者の間で、韓国のソウルから日本人を脱出させる計画が進行しているとの臆測が駆け巡りました。この材料に個人投資家が反応し、マザーズ市場は投げ売り状態となったのです。新興市場は個人投資家が多く、売りが売りを呼ぶ展開になってしまった」(株式アナリストの黒岩泰氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る