10月2日から発表スタート 「ノーベル賞」関連銘柄で稼ぐ

公開日:

 週明け2日から、ノーベル賞ウイークがスタートする。昨年は東京工業大学の大隅良典栄誉教授が医学・生理学賞を受賞した。

「日本人は3年連続の受賞です。受賞者の関連銘柄は必ずといっていいほど急騰するので、今年も期待が高まります」(市場関係者)

 昨年は、大隅教授の研究と関係の深い「コスモ・バイオ」と「医学生物学研究所」が爆騰。両社とも、受賞の翌営業日に買い注文が殺到し、ストップ高をつけた。2012年に京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞でノーベル賞を受賞したときは、タカラバイオがストップ高となっている。

 今年は2日(日本時間18時すぎ)に医学・生理学賞が発表され、3日物理学賞、4日化学賞と続く。

「有力候補に絡む銘柄を探す動きが活発になっています。医学・生理学賞は免疫分野で成果を上げている京都大学の本庶佑氏が最有力といわれます。がん免疫治療薬であるオプジーボの小野薬品に注目が集まっています。受賞すれば大化けでしょう」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る