• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10月2日から発表スタート 「ノーベル賞」関連銘柄で稼ぐ

 週明け2日から、ノーベル賞ウイークがスタートする。昨年は東京工業大学の大隅良典栄誉教授が医学・生理学賞を受賞した。

「日本人は3年連続の受賞です。受賞者の関連銘柄は必ずといっていいほど急騰するので、今年も期待が高まります」(市場関係者)

 昨年は、大隅教授の研究と関係の深い「コスモ・バイオ」と「医学生物学研究所」が爆騰。両社とも、受賞の翌営業日に買い注文が殺到し、ストップ高をつけた。2012年に京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞でノーベル賞を受賞したときは、タカラバイオがストップ高となっている。

 今年は2日(日本時間18時すぎ)に医学・生理学賞が発表され、3日物理学賞、4日化学賞と続く。

「有力候補に絡む銘柄を探す動きが活発になっています。医学・生理学賞は免疫分野で成果を上げている京都大学の本庶佑氏が最有力といわれます。がん免疫治療薬であるオプジーボの小野薬品に注目が集まっています。受賞すれば大化けでしょう」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る