10月2日から発表スタート 「ノーベル賞」関連銘柄で稼ぐ

公開日:

 週明け2日から、ノーベル賞ウイークがスタートする。昨年は東京工業大学の大隅良典栄誉教授が医学・生理学賞を受賞した。

「日本人は3年連続の受賞です。受賞者の関連銘柄は必ずといっていいほど急騰するので、今年も期待が高まります」(市場関係者)

 昨年は、大隅教授の研究と関係の深い「コスモ・バイオ」と「医学生物学研究所」が爆騰。両社とも、受賞の翌営業日に買い注文が殺到し、ストップ高をつけた。2012年に京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞でノーベル賞を受賞したときは、タカラバイオがストップ高となっている。

 今年は2日(日本時間18時すぎ)に医学・生理学賞が発表され、3日物理学賞、4日化学賞と続く。

「有力候補に絡む銘柄を探す動きが活発になっています。医学・生理学賞は免疫分野で成果を上げている京都大学の本庶佑氏が最有力といわれます。がん免疫治療薬であるオプジーボの小野薬品に注目が集まっています。受賞すれば大化けでしょう」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る