• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

予測リポート乱立 優良企業20社に衆院選挙の株安リスク

 総選挙に絡んだ「株価予測リポート」が相次いで出されている。

「注目高まる教育無償化の関連銘柄」や「希望の党は株式市場の味方か」など、視点はさまざまだが、とりわけ話題になっているのが、ゴールドマン・サックス証券(GS)の「総選挙のシナリオと株式市場へのインプリケーション(影響)」だ。

■自公敗北で「買うべき銘柄」との見方も

 GSは、「自公で過半数」「希望・維新で過半数」「自公、希望・維新とも過半数に届かず」の3つのシナリオを想定した。

「最も興味深いのは自公で過半数に届かなかった場合です。与党が過半数を割ることはないという安易な考えは危険です。少なくとも、海外人投資家は与党敗北を念頭に置いて行動しているのです」(市場関係者)

 与党が負けると、アベノミクスは終焉を迎え、市場に不透明感が漂う。日本市場から外国人投資家が一気に引きあげかねない。GSは、「安倍首相の退陣につながるシナリオは外国人投資家の売りが懸念される」とし、外国人持ち株比率の高い銘柄をピックアップ。株価調整に備えるべきだと指摘している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る