ファンケル 島田和幸社長<2>サプリメントという言葉を広めた

公開日:  更新日:

 ファンケルは横浜に本社を置く化粧品、健康食品の会社だ。直近の年間売り上げは963億円で、従業員数は945人。東証1部上場企業である。

 今年の4月に社長に就任した島田和幸は大学を出た後、スーパーのダイエーに入社したのだが、2003年にファンケルに入った。

「まったくの縁です。化粧品、健康食品のプロではなかったのですが、ダイエー時代の上司だった宮島(和美前社長)から誘われたこともあり、入社しました」

 島田が入った年、ファンケル創業者の池森賢二は引退し、後継はローソンの会長だった藤原謙次になった。ダイエー時代の仲間が大勢、入社したのである。

 島田がまず勉強したのはファンケルの成り立ちと商品についてだった。

「創業者の池森は脱サラした後、数人の友人とコンビニを始めたのですが、うまくいかなくなり、友人たちはいなくなってしまった。残った2400万円の借金をひとりで背負い、返済しながら無添加の化粧品を開発し、販売したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る