ファンケル 島田和幸社長<2>サプリメントという言葉を広めた

公開日:  更新日:

 ファンケルは横浜に本社を置く化粧品、健康食品の会社だ。直近の年間売り上げは963億円で、従業員数は945人。東証1部上場企業である。

 今年の4月に社長に就任した島田和幸は大学を出た後、スーパーのダイエーに入社したのだが、2003年にファンケルに入った。

「まったくの縁です。化粧品、健康食品のプロではなかったのですが、ダイエー時代の上司だった宮島(和美前社長)から誘われたこともあり、入社しました」

 島田が入った年、ファンケル創業者の池森賢二は引退し、後継はローソンの会長だった藤原謙次になった。ダイエー時代の仲間が大勢、入社したのである。

 島田がまず勉強したのはファンケルの成り立ちと商品についてだった。

「創業者の池森は脱サラした後、数人の友人とコンビニを始めたのですが、うまくいかなくなり、友人たちはいなくなってしまった。残った2400万円の借金をひとりで背負い、返済しながら無添加の化粧品を開発し、販売したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る