愚直なメーカーのスバルで常態化…無資格検査30年のなぜ

公開日: 更新日:

「テストドライバーではなく、開発、研究者の運転スキルを向上させる研修もある。スバルは愚直なほどまじめなメーカーなんですけどねえ」と、自動車メーカー関係者はため息をつく。

 スバルは30日、完成検査の実施状況に関する社内調査結果を国交省に提出。30年以上前から無資格の従業員が従事していたという。無資格検査が常態化していたことだけは間違いない。

 国交省は完成検査の検査員について、「あらかじめ指名された者」と通達。スバルでは、知識と技能を持つと認定された従業員に2~6カ月の現場経験を積ませた上で、筆記試験合格後に検査員として登用する仕組みがある。5年、10年の現場経験というのならまだしも、素人目には“有資格者”になるのにそれほど高いハードルがあるとも思えない。

 それなのに、スバルではお上のお達しに反する完成検査が続いていた。検査員が、無資格の従業員にハンコを貸して押印させるような偽装行為もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  3. 3

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  4. 4

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  5. 5

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  6. 6

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  7. 7

    家賃収入4000万円 “ママチャリ大家”の不動産投資人生<前>

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    衝撃の調査結果で再燃 JUMP山田涼介&中島裕翔の不仲説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る