愚直なメーカーのスバルで常態化…無資格検査30年のなぜ

公開日:

「テストドライバーではなく、開発、研究者の運転スキルを向上させる研修もある。スバルは愚直なほどまじめなメーカーなんですけどねえ」と、自動車メーカー関係者はため息をつく。

 スバルは30日、完成検査の実施状況に関する社内調査結果を国交省に提出。30年以上前から無資格の従業員が従事していたという。無資格検査が常態化していたことだけは間違いない。

 国交省は完成検査の検査員について、「あらかじめ指名された者」と通達。スバルでは、知識と技能を持つと認定された従業員に2~6カ月の現場経験を積ませた上で、筆記試験合格後に検査員として登用する仕組みがある。5年、10年の現場経験というのならまだしも、素人目には“有資格者”になるのにそれほど高いハードルがあるとも思えない。

 それなのに、スバルではお上のお達しに反する完成検査が続いていた。検査員が、無資格の従業員にハンコを貸して押印させるような偽装行為もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

もっと見る