各業界で頓挫相次ぎ…「第3極」がうまくいかない理由

公開日:

 小異を捨てて大同につけないものなのか――業界の2強に対抗した第3極づくりの失敗が相次いでいる。

 製紙5位の北越紀州製紙と、同社が筆頭株主である4位の大王製紙は5年前から技術提携契約を結んでいたが、今月14日に終了した。大王製紙は「新たな契約をする予定はありません」(広報担当者)と回答。業界首位の王子ホールディングスなどに対抗する第3極を目指していたが、頓挫した格好だ。

「大王製紙の創業家出身の会長の巨額借り入れ事件後の2012年、北越紀州が筆頭株主になって救済し、技術提携契約を結んだ。ところが、売り上げ規模では、大王は北越紀州の2倍。自分の方が上という意識が抜けなかった。紙の内需がジリ貧の環境で、上位に対抗するには、両社が組むしかないのですが、もはやこれまで、でしょうね」(製紙業界関係者)

 米携帯市場のベライゾンとAT&Tという2強に対抗する第3極を目指していたソフトバンクの孫正義会長兼社長。4位のスプリントを傘下に置き、ドイツテレコム傘下で同3位のTモバイルUSとの経営統合を進めてきたが6日、合併交渉中止を発表した。オバマ政権下で寡占を理由に頓挫した経験から、孫氏はトランプ大統領に周到な根回しを展開。トランプ政権では、FCC委員長に規制緩和派が指名され、今回は統合が認められるとみられていたのに、だ。会見で孫氏は「やっぱり、経営権をしっかり持っていた方がいいと、今回の判断になった」と語った。最後まで両社、主導権を譲らなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る