100均、グルメセット…生活密着型「11月株主優待」17銘柄

公開日:

 買うタイミングを逃した……。個人投資家の嘆きが増えているという。

 10月以降、株式市場は盛り上がりを見せ、日経平均は一時2万3000円を突破した。その後、乱高下が続いているものの上昇傾向に変わりはない。

「株価は2カ月ほどで3000円近くも上昇したのです。株を買うタイミングや、買うべき銘柄が分からなかったと悔やんでいる個人投資家は大勢います。でも心配はいりません。いまから投資するなら、11月に権利が確定する株主優待銘柄がオススメです」(市場関係者)

 11月は生活に密着した“お得感”いっぱいの優待が目立つ。

 100円ショップで知られるキャンドゥは、店舗で使える優待券(108円相当)を20枚もらえる。投資額は18万2300円(22日終値ベース)。利回りは1.2%程度ながら、メガバンクの普通預金の金利(0.001%)よりよっぽどマシだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る