• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

100均、グルメセット…生活密着型「11月株主優待」17銘柄

 買うタイミングを逃した……。個人投資家の嘆きが増えているという。

 10月以降、株式市場は盛り上がりを見せ、日経平均は一時2万3000円を突破した。その後、乱高下が続いているものの上昇傾向に変わりはない。

「株価は2カ月ほどで3000円近くも上昇したのです。株を買うタイミングや、買うべき銘柄が分からなかったと悔やんでいる個人投資家は大勢います。でも心配はいりません。いまから投資するなら、11月に権利が確定する株主優待銘柄がオススメです」(市場関係者)

 11月は生活に密着した“お得感”いっぱいの優待が目立つ。

 100円ショップで知られるキャンドゥは、店舗で使える優待券(108円相当)を20枚もらえる。投資額は18万2300円(22日終値ベース)。利回りは1.2%程度ながら、メガバンクの普通預金の金利(0.001%)よりよっぽどマシだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る