• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2019年改元までじっくり楽しむ 「新元号」関連17銘柄

「2019年4月30日天皇退位、5月1日新天皇即位・改元」が有力視され、「新元号」に関心が高まっている。政府は、来月1日に皇室会議を開き、即位と改元の日程を話し合う予定だ。今後、改元に向け、新元号関連銘柄が値動きするのは間違いない。今から仕込んで、ひと儲けできないか。

「生前退位の報道がされた昨年7月、相場が動きました。今後、改元が近づくと、新元号が話題になることも多くなるでしょう。当然、株価も反応します。割安感が出たところで関連株を買っておき、日々株価をチェックするのもおもしろいと思います」(株式評論家の倉多慎之助氏)

「平成」の元号が入っている印刷物は刷り直さなければならない。昭和から平成へと改元された際、光陽社と光村印刷の株価は大きく高騰した。今回も印刷関連は目が離せない。

 印刷物に元号表記が多いビジネス関連に強いのが、光村印刷、野崎印刷紙業、カワセコンピュータサプライ、共立印刷、共同印刷だ。教科書を得意とする図書印刷やナカバヤシにも注目したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る