• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2019年改元までじっくり楽しむ 「新元号」関連17銘柄

「2019年4月30日天皇退位、5月1日新天皇即位・改元」が有力視され、「新元号」に関心が高まっている。政府は、来月1日に皇室会議を開き、即位と改元の日程を話し合う予定だ。今後、改元に向け、新元号関連銘柄が値動きするのは間違いない。今から仕込んで、ひと儲けできないか。

「生前退位の報道がされた昨年7月、相場が動きました。今後、改元が近づくと、新元号が話題になることも多くなるでしょう。当然、株価も反応します。割安感が出たところで関連株を買っておき、日々株価をチェックするのもおもしろいと思います」(株式評論家の倉多慎之助氏)

「平成」の元号が入っている印刷物は刷り直さなければならない。昭和から平成へと改元された際、光陽社と光村印刷の株価は大きく高騰した。今回も印刷関連は目が離せない。

 印刷物に元号表記が多いビジネス関連に強いのが、光村印刷、野崎印刷紙業、カワセコンピュータサプライ、共立印刷、共同印刷だ。教科書を得意とする図書印刷やナカバヤシにも注目したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る