• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファミマも参入 コインランドリー投資のうまみと落とし穴

 やはり「コインランドリー投資」は儲かるのか――。ファミリーマートがコインランドリー事業に参入する。コインランドリーはこの10年で3割拡大し、現在1万6000店以上に増えた。ファミマは右肩上がりの成長業界と手を組む作戦だ。

「単身者に加え、忙しい共働き世帯が増えたため、コインランドリーのニーズはますます高まっています。駐車場がある郊外を中心に2019年度末までに500店舗を展開する計画です。当社としては、洗濯の待ち時間に店内でコーヒーなどを購入していただく『ついで買い』の相乗効果も期待しています」(ファミマ広報室)

 大手コンビニが本格参入を決めたコインランドリー投資は、サラリーマンの副業としても人気が高まっている。洗濯機、乾燥機、内装工事代など初期投資に約1500万円以上かかるが、マンション投資よりもお手軽なうえ、空き室の心配もない。ランニングコストも家賃、水道代、光熱費、清掃のパート代くらい。自分の物件で“家賃ゼロ”なら年20%以上の高利回りも夢ではないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事