• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コメ兵<下>新アプリで“爆買い後遺症”からの脱出を図る

商品構成を見直し(C)日刊ゲンダイ

 中古品流通大手のコメ兵は、中国人観光客の爆買い終了によって大きな打撃を受けた。何しろ一時は売り上げの15%を外国人客に頼っていた。それがなくなったことで業績は一気に悪化、2017年3月期の最終利益は前年より8割も減った。

 それに伴い株価も暴落、1…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事