• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

有力テーマ株「フェローテック」に押し目買いの好機到来

外国人の換金売りは一段落(C)AP

 先週末のNY市場は3カ月に1度訪れる「トリプル・ウィッチング」だった。これは日本で言うところの「メジャーSQ」で、この前後は相場が非常に荒れやすいことで知られる。

 しかも、12月の「トリプル・ウィッチング」は特別で、この日を境に機関投資家がクリス…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事