• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イージス艦「あたご」衝突事故<1>無罪判決となった2士官は

 2008年2月19日午前4時7分、千葉県南房総市野島崎沖の太平洋上――。護衛艦「あたご」と漁船「清徳丸」が衝突、漁船員親子2人が死亡した。事故から10年を経た今、当時伝えられることのなかった自衛隊関係者の“今”に迫る。

  ◇  ◇  ◇

 組織に属している限り、たとえ当事者ではなくとも責任を取らなければならないこともある。

 今、陸海空の3自衛隊を束ねる統合幕僚長の河野克俊海将もそんな経験を持つひとり。その河野氏の旧部下が語る。

「事故当時、海幕防衛部長という現場の責任者として訓戒処分を受け、その後、左遷もされました」

 この旧部下によると、その左遷先でも河野海将は腐らず、任務に励んでいたという。そして海自では花形の要職、護衛艦隊司令官として復活した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る