• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どこが引受先に 水面下で蠢くコインチェック救済策の中身

 仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円相当の「NEM」が流出する事件が起きて2カ月。流出した「NEM」はほぼ全額が別の通貨に交換され、追跡不能となった可能性が高いというが、問題となったコインチェックについてもここへきて水面下の動き。“救済スキーム”が検討されているという。

「コインチェックは資金力はあるものの、取引所としての将来は見通せない。いまだ正規の登録業者ではなく『みなし業者』として登録申請中なのですが、経営管理体制の不備で事件を起こしたこともあり、金融当局も簡単には登録業者にさせられません。一方で、顧客は数十万人ともいわれ、規模がデカすぎて潰すこともできない。それで当局が引受先を探しているようなのです。メガバンク、大手証券、商社、FX業者、IT会社などが挙がっています」(金融関係者)

 昨年4月の改正貸金決済法施行で、仮想通貨取引所は原則、金融庁から登録を受けないと営業できなくなった。それ以前から営業していた業者は登録申請に6カ月の猶予を与えられ、コインチェックは昨年9月に申請。が、登録前に事件を起こした。

「登録制になって間もなく1年。いつまでも『みなし業者』というわけにもいかず、3月末はひとつの区切り。ただ、コインチェックにどれほどの潜在債務があるのかわからず、それが引き受けのネックのようです」(前出の金融関係者)

 月末に大きく動くか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る