どこが引受先に 水面下で蠢くコインチェック救済策の中身

公開日:

 仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円相当の「NEM」が流出する事件が起きて2カ月。流出した「NEM」はほぼ全額が別の通貨に交換され、追跡不能となった可能性が高いというが、問題となったコインチェックについてもここへきて水面下の動き。“救済スキーム”が検討されているという。

「コインチェックは資金力はあるものの、取引所としての将来は見通せない。いまだ正規の登録業者ではなく『みなし業者』として登録申請中なのですが、経営管理体制の不備で事件を起こしたこともあり、金融当局も簡単には登録業者にさせられません。一方で、顧客は数十万人ともいわれ、規模がデカすぎて潰すこともできない。それで当局が引受先を探しているようなのです。メガバンク、大手証券、商社、FX業者、IT会社などが挙がっています」(金融関係者)

 昨年4月の改正貸金決済法施行で、仮想通貨取引所は原則、金融庁から登録を受けないと営業できなくなった。それ以前から営業していた業者は登録申請に6カ月の猶予を与えられ、コインチェックは昨年9月に申請。が、登録前に事件を起こした。

「登録制になって間もなく1年。いつまでも『みなし業者』というわけにもいかず、3月末はひとつの区切り。ただ、コインチェックにどれほどの潜在債務があるのかわからず、それが引き受けのネックのようです」(前出の金融関係者)

 月末に大きく動くか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る