• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ペプチドリーム」は円高相場とは無縁の“バイオ関連”銘柄

ペプチドリーム(C)日刊ゲンダイ

 4月2日から新年度相場がスタートする。本来なら生損保など国内機関投資家の投資マインドが高まり、株高が見込まれる。しかし、為替が1ドル=105円前後と円高基調が定着し、2018年3月期の為替想定レートが1ドル=110円前後の輸出関連企業の業績下振れ懸念が株価の重荷。本格反騰相場を…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事