• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中央魚類・伊藤裕康会長<5>親父から「魚屋になるか?」と

中央魚類の伊藤裕康会長(C)日刊ゲンダイ

 大学を卒業後、伊藤氏は新聞記者になりたいと思っていた。学生会長を務める傍ら、学生新聞の編集長として取材や広告受注に奔走し、そのおもしろさに魅せられていたからだ。

「ところが、反発ばかりしていたから大学の推薦も得られず、なかなか就職が決まらなかった。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事