• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

渦中のコインチェックを買収 マネックスが得るメリットは

 最終調整段階と報じられているネット証券大手のマネックスグループによる仮想通貨交換業者「コインチェック」の買収。双方の利害が一致した結果のようだ。

 今年1月に不正な外部アクセスによって580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した事件を起こしたコインチェックは、いまだに正規の登録業者ではなく「みなし業者」。金融庁から2度にわたって業務改善命令を受けており、別の企業の傘下に入って経営を立て直さなければ、登録業者になれず廃業の恐れもある。

 一方、仮想通貨の交換事業をみずから手がけることを検討していたマネックスにとっては、コインチェックを傘下に収めることで仮想通貨ビジネスへ参入できるだけでなく、時間をかけずに国内最大規模の市場占有率を確保できるうまみがある。

 実際、金融当局はコインチェックの規模が大きすぎるため、潰すこともできず、経営刷新のために引受先を探していて、メガバンク、大手証券、商社、FX業者、IT会社など複数の企業が浮上していた。買収のネックはコインチェックの潜在債務の規模が不明なことだといわれていたが、マネックスはそれでもメリットが大きいと判断したようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る