渦中のコインチェックを買収 マネックスが得るメリットは

公開日:  更新日:

 最終調整段階と報じられているネット証券大手のマネックスグループによる仮想通貨交換業者「コインチェック」の買収。双方の利害が一致した結果のようだ。

 今年1月に不正な外部アクセスによって580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した事件を起こしたコインチェックは、いまだに正規の登録業者ではなく「みなし業者」。金融庁から2度にわたって業務改善命令を受けており、別の企業の傘下に入って経営を立て直さなければ、登録業者になれず廃業の恐れもある。

 一方、仮想通貨の交換事業をみずから手がけることを検討していたマネックスにとっては、コインチェックを傘下に収めることで仮想通貨ビジネスへ参入できるだけでなく、時間をかけずに国内最大規模の市場占有率を確保できるうまみがある。

 実際、金融当局はコインチェックの規模が大きすぎるため、潰すこともできず、経営刷新のために引受先を探していて、メガバンク、大手証券、商社、FX業者、IT会社など複数の企業が浮上していた。買収のネックはコインチェックの潜在債務の規模が不明なことだといわれていたが、マネックスはそれでもメリットが大きいと判断したようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る