渦中のコインチェックを買収 マネックスが得るメリットは

公開日:  更新日:

 最終調整段階と報じられているネット証券大手のマネックスグループによる仮想通貨交換業者「コインチェック」の買収。双方の利害が一致した結果のようだ。

 今年1月に不正な外部アクセスによって580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した事件を起こしたコインチェックは、いまだに正規の登録業者ではなく「みなし業者」。金融庁から2度にわたって業務改善命令を受けており、別の企業の傘下に入って経営を立て直さなければ、登録業者になれず廃業の恐れもある。

 一方、仮想通貨の交換事業をみずから手がけることを検討していたマネックスにとっては、コインチェックを傘下に収めることで仮想通貨ビジネスへ参入できるだけでなく、時間をかけずに国内最大規模の市場占有率を確保できるうまみがある。

 実際、金融当局はコインチェックの規模が大きすぎるため、潰すこともできず、経営刷新のために引受先を探していて、メガバンク、大手証券、商社、FX業者、IT会社など複数の企業が浮上していた。買収のネックはコインチェックの潜在債務の規模が不明なことだといわれていたが、マネックスはそれでもメリットが大きいと判断したようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る