ワセダクロニクル渡辺周編集長<2>寄付金による報道に勝算

公開日:

 渡辺は報道志向ではなかった。政治に対する怒りなどはさらさらなく、ノンポリの学生だったという。それどころか、大学時代は新聞記者という職業が嫌いだったと振り返る。

 渡辺は大学受験に失敗し、浪人した。大阪出身の渡辺は上京し、朝日新聞の販売店に住み込みで働いた。新聞配達の朝は早い。とりわけ冬はつらい。そのうえ、引っ越しのトラックを見かけると、追いかけて営業する。そうやって、一部でも部数を伸ばそうと販売店は頑張っている。そうした苦労を新聞記者たちは知らない。「オレは記者だ」と威張っている。何となく記者への反発があったのだ。だから、就職活動で日本テレビの内定が出ると、すぐに決めた。そのあとに試験がある新聞社は一切、受けなかった。

 日テレ入社時は、「報道」を希望した。しかし、配属先は営業。しばらく我慢して報道に移れても、編成と行ったり来たりになるのがテレビ局だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る