• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワセダクロニクル渡辺周編集長<2>寄付金による報道に勝算

 渡辺は報道志向ではなかった。政治に対する怒りなどはさらさらなく、ノンポリの学生だったという。それどころか、大学時代は新聞記者という職業が嫌いだったと振り返る。

 渡辺は大学受験に失敗し、浪人した。大阪出身の渡辺は上京し、朝日新聞の販売店に住み込みで働いた。新聞配達の朝は早い。とりわけ冬はつらい。そのうえ、引っ越しのトラックを見かけると、追いかけて営業する。そうやって、一部でも部数を伸ばそうと販売店は頑張っている。そうした苦労を新聞記者たちは知らない。「オレは記者だ」と威張っている。何となく記者への反発があったのだ。だから、就職活動で日本テレビの内定が出ると、すぐに決めた。そのあとに試験がある新聞社は一切、受けなかった。

 日テレ入社時は、「報道」を希望した。しかし、配属先は営業。しばらく我慢して報道に移れても、編成と行ったり来たりになるのがテレビ局だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る