ハウスドゥ・安藤正弘社長<4>リーマン・ショックを予期

公開日:

 不動産売買仲介のフランチャイズチェーンを展開する「ハウスドゥ」。イメージキャラクターの古田敦也が登場するテレビCMで思い出す方も多いだろうが、2005年まで、社名は「オリエントハウジング」だった。社名変更のヒントは、社長の安藤正弘が渡米した際、ニューヨークのスポーツ用品「ナイキ」の店で見た「Sports Do」だったという。

「シンプルなネーミングがいいし、活動的なイメージもあるでしょ。私もアンドゥ(安藤)やし(笑い)」

 翌06年、「ハウスドゥ」と社名を変えると同時にフランチャイズビジネスをスタートさせた安藤は、2年後の08年に起こったリーマン・ショックの時、非凡な目利きを発揮している。

「リーマン・ショック前の不動産プチバブルの頃、土地が高値になって買う理由がわからなくなったんで、買い控えしたんですわ。それだけやなしに、手持ちの不動産在庫も少し値引きして売っていきました。一方で、ファンドから安く売りに出ていた収益物件を40億円で買った。プロは割安になったら買いが鉄則ですから。その物件は利回りが13%ぐらいあって、年間で5億円強の家賃が入ってきましてね。遊んでいても家賃が入ってくるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る