ハナツアージャパン・李炳燦社長<1>きっかけは通訳ガイド

公開日:

 ハナツアージャパンは、韓国最大手の総合旅行会社ハナツアーの日本法人として、13年前に設立したインバウンド専門旅行会社だ。

 日本国内の旅行商品を企画開発して、海外の旅行会社に販売している。

 魅力ある観光素材をもとにホテル、バス、免税店、チケットなどを手配してパッケージ化し、外国人観光客が日本に到着してから日本を離れるまでに、効率の良い旅を楽しめるようなサービスを提供することを得意としている。

 韓国からの送客がメインではあるが、近年はベトナムやインドに拠点を置き、韓国以外のアジア諸国からの送客にも力を入れている。

 李炳燦(53)が初めて来日したのは、大学生の時。

「その時にはまだ言葉が分からなかったのですが、控えめな国民性に好感を持ったこともあり、すっかり日本を気に入りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る