ホンダの苦悩 訴え続けた「運転する楽しさ」はどこへ行く

公開日:

「2025年ごろをめどにレベル4を実現する」――。ホンダの八郷隆弘社長は17年6月にこう宣言した。

 ホンダは手始めに、20年に高速道路で条件付き運転自動化であるレベル3に相当する技術を実用化し、その後、利用できる範囲を一般道に拡大。そして、25年をめどに高度運転自動化であるレベル4を目指すという具体的なロードマップを明らかにした。

 それまでのホンダは、自動運転についてあまり積極的ではなかった。というのも、一貫して「運転する楽しさ」を訴え続けてきた会社だったからだ。ハンドルを握って自在に車を操る喜びや、アクセルを踏み込んで車を加速させる快感を念頭に開発を続けてきた会社にとって、自動運転はそれを根本から覆すものだったのである。

 また、13年に発売した3代目「フィット」が1年間に5回もリコールを起こし、開発現場は大混乱。とても自動運転などの新しい開発に取り組んでいる余裕はなかった。おまけにその状況に嫌気が差した開発陣が次々に会社を去ってしまったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る