• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ホンダの苦悩 訴え続けた「運転する楽しさ」はどこへ行く

投稿日:

「2025年ごろをめどにレベル4を実現する」――。ホンダの八郷隆弘社長は17年6月にこう宣言した。

 ホンダは手始めに、20年に高速道路で条件付き運転自動化であるレベル3に相当する技術を実用化し、その後、利用できる範囲を一般道に拡大。そして、25年をめどに高度運転自動化であるレベル4を目指すという具体的なロードマップを明らかにした。

 それまでのホンダは、自動運転についてあまり積極的ではなかった。というのも、一貫して「運転する楽しさ」を訴え続けてきた会社だったからだ。ハンドルを握って自在に車を操る喜びや、アクセルを踏み込んで車を加速させる快感を念頭に開発を続けてきた会社にとって、自動運転はそれを根本から覆すものだったのである。

 また、13年に発売した3代目「フィット」が1年間に5回もリコールを起こし、開発現場は大混乱。とても自動運転などの新しい開発に取り組んでいる余裕はなかった。おまけにその状況に嫌気が差した開発陣が次々に会社を去ってしまったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る