ハナツアージャパン・李炳燦社長<5>多様性を重んじる会社

公開日:

「ハナツアージャパンは、多様性を重んじる会社で、それが強みでもあります」と、李は語る。

 それはもちろん、グループ全体の6割、旅行部門に限って言えば、8割が外国人社員で構成されていることと無関係ではない。2006年からは、韓国人、日本人以外も採用しており、いまでは8カ国の社員が在籍している。

 ツアー商品を各国に販売している関係上、国々のニーズを把握しないとしっかりした商品づくりができないためだ。

「もちろん、最初からうまくいっていたわけではないのですが、蓄積した経験の中から、多国籍の外国人同士が働きやすい環境をつくるノウハウは相当持っています」

 人種、性別、年齢、宗教などにこだわらずに多様な人材を生かそうというダイバーシティーの考え方を実践している。同社では、女性社員は6割以上を占めるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る