ハナツアージャパン・李炳燦社長<5>多様性を重んじる会社

公開日:

「ハナツアージャパンは、多様性を重んじる会社で、それが強みでもあります」と、李は語る。

 それはもちろん、グループ全体の6割、旅行部門に限って言えば、8割が外国人社員で構成されていることと無関係ではない。2006年からは、韓国人、日本人以外も採用しており、いまでは8カ国の社員が在籍している。

 ツアー商品を各国に販売している関係上、国々のニーズを把握しないとしっかりした商品づくりができないためだ。

「もちろん、最初からうまくいっていたわけではないのですが、蓄積した経験の中から、多国籍の外国人同士が働きやすい環境をつくるノウハウは相当持っています」

 人種、性別、年齢、宗教などにこだわらずに多様な人材を生かそうというダイバーシティーの考え方を実践している。同社では、女性社員は6割以上を占めるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る