そろそろ国民は覚悟が必要 アベノミクス後の日本経済

公開日: 更新日:

<日本経済の絶頂期を懐かしみ、「夢よもう一度」と願う気持ちは多くの日本人に共通するものです。しかしそれは、英国の人びとが七つの海を支配した大英帝国の昔を懐かしむのと同じように、かなわぬ大日本主義の夢と言わなければなりません> 

 誰だって、現実を直視するよりも心地いい夢を見ていたい。だが、アベノミクスの幻影はもう終わりなのだ。高度経済成長を再現してドヤ顔したいという安倍の夢はついえた。

 トリクルダウンの夢に浮かれた宴の後始末は、想像以上に厳しいものになるだろう。企業も国民も、目をそらしたくなる事態が待っているに違いないが、現実に向き合う覚悟が必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  2. 2

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  3. 3

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<3>人間関係が苦痛に

  4. 4

    安倍首相に忖度?石破氏パーティーに党三役ゼロの異常事態

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  7. 7

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<3>精神的打撃を負う

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る