有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

丸井グループ<上>脱アパレルで成功した「博多マルイ」

公開日:

 丸井といえば「赤いカード」を武器に若者に割賦販売を普及させ、デザイナーズブランドなどで若者ファッションの代名詞ともてはやされた。だが、「ヤングの丸井」は過去の姿だ。

 丸井グループ社長の青井浩(57)は「共創経営」を掲げて「ヤングファッションの丸井」から転身中である。共創経営とは顧客との共同による商品開発や商業施設づくりに取り組むことを指す。

 2021年3月期を最終年度とする5カ年の新中期経営計画で、百貨店型からショッピングセンター(SC)型のビジネスモデルに小売りの業態を変えることを決めた。

 その象徴といえるのが博多マルイ(福岡市)である。16年4月、日本郵便がJR博多駅前に開発した商業施設「キッテ博多」のキーテナントとして入居した。顧客・取引先との共創に取り組むSC型の新店である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る