• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

丸井グループ<下>親子3代そろって業態転換に踏み切った

 丸井グループは創業家の親子3代がビジネスモデルを大きく転換してきた。

 創業者は青井忠治。1904年、富山県生まれ。18歳で上京、新宿の月賦販売の丸二商会に就職。10年後に暖簾分けの形で独立。31年に東京・中野に店を構え、35年に屋号を丸井に改めた。本社はずっと中野区中野である。社名は丸二商会の「丸」と青井の「井」を組み合わせた。

 戦後、家具の販売で再スタート。最初は5カ月払いだったが10カ月払いに変更。これが当たり、10カ月払いが丸井の代名詞となった。月賦=ゲップの連想から、この頃は“ラムネ屋”と呼ばれた。スプリングボードになったのは60年。日本で初めてクレジットカード「赤いカード」を世に出した。

「赤いカード」を発展させたのが2代目の青井忠雄。72年、忠治の後を継いで社長になる。忠雄は月賦をクレジットと言い換えてイメージアップを図る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る