有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

丸井グループ<下>親子3代そろって業態転換に踏み切った

公開日:

 丸井グループは創業家の親子3代がビジネスモデルを大きく転換してきた。

 創業者は青井忠治。1904年、富山県生まれ。18歳で上京、新宿の月賦販売の丸二商会に就職。10年後に暖簾分けの形で独立。31年に東京・中野に店を構え、35年に屋号を丸井に改めた。本社はずっと中野区中野である。社名は丸二商会の「丸」と青井の「井」を組み合わせた。

 戦後、家具の販売で再スタート。最初は5カ月払いだったが10カ月払いに変更。これが当たり、10カ月払いが丸井の代名詞となった。月賦=ゲップの連想から、この頃は“ラムネ屋”と呼ばれた。スプリングボードになったのは60年。日本で初めてクレジットカード「赤いカード」を世に出した。

「赤いカード」を発展させたのが2代目の青井忠雄。72年、忠治の後を継いで社長になる。忠雄は月賦をクレジットと言い換えてイメージアップを図る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る