有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

丸井グループ<下>親子3代そろって業態転換に踏み切った

公開日: 更新日:

 丸井グループは創業家の親子3代がビジネスモデルを大きく転換してきた。

 創業者は青井忠治。1904年、富山県生まれ。18歳で上京、新宿の月賦販売の丸二商会に就職。10年後に暖簾分けの形で独立。31年に東京・中野に店を構え、35年に屋号を丸井に改めた。本社はずっと中野区中野である。社名は丸二商会の「丸」と青井の「井」を組み合わせた。

 戦後、家具の販売で再スタート。最初は5カ月払いだったが10カ月払いに変更。これが当たり、10カ月払いが丸井の代名詞となった。月賦=ゲップの連想から、この頃は“ラムネ屋”と呼ばれた。スプリングボードになったのは60年。日本で初めてクレジットカード「赤いカード」を世に出した。

「赤いカード」を発展させたのが2代目の青井忠雄。72年、忠治の後を継いで社長になる。忠雄は月賦をクレジットと言い換えてイメージアップを図る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  10. 10

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る