3年で約3倍に 伊藤忠「中国語人材1000人育成」の狙い

公開日:  更新日:

 中国事業で総合商社のトップを走る伊藤忠商事が、中国語を話せる社員を約1000人育成した。同社が「中国語人材1000人育成プロジェクト」をスタートさせたのは2015年のこと。当時の中国語人材361人から3倍近い人材の育成だ。

 15年1月、伊藤忠は中国で最大の外資系企業、タイのチャロン・ポカパン(CP)と共同で中国最大の国有複合企業・中国中信集団(CITIC)に1.2兆円を投資し、業務・資本提携を結んだ。QUICK企業価値研究所・調査部の堀内敏成チーフストラテジストが言う。

「三菱商事は原料炭、三井物産は鉄鉱石と資源が得意ですが、伊藤忠は非資源の生活分野である『衣食住』を成長のポテンシャルにしている。CPは華僑ですから、提携で中国本土でのビジネスと、華僑ネットワークを利用したビジネス展開で中国事業を拡大する狙いです。同社の丹羽宇一郎元会長・社長が中国大使だったことも、中国ビジネスの拡大に大きく影響しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る