有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

 30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし、取材・執筆活動中。「カルロス・ゴーン『経営神話』の自壊」(「月刊現代」2004年9月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号=最終号)などを執筆。ゴーン会長の欺瞞性を鋭い筆致でえぐり出した。この仕事ぶりが、今、再び脚光を浴びている。

パソナグループ<上>東京駅前の本部に「大手町牧場」の奇策

公開日:

 人材派遣大手のパソナグループは2017年8月9日、東京都千代田区の東京駅前の本部が入居するビルの13階に「大手町牧場」を開設した。牧場の広さは約1000平方メートル。牛、豚、アルパカ、ヤギ。さらには烏骨鶏やフラミンゴ、フクロウの鳥類まで、8種類の動物を飼育している。

 同社は03年に農業分野の人材育成に乗り出したほか、05年に前の本部ビルの1階で水田を開墾、館内のいたるところで野菜を水耕栽培していた。次に酪農の活性化に取り組んだ。

 大手町という一等地に牧場をつくったのは、「この本部ビルをまるごと地方創生の拠点とする」という、南部靖之代表取締役グループ代表の強い思いが込められている。

「大手町牧場」を見学できるのはパソナの社員や取引先企業、パソナが開催する講座やセミナーの受講者に限られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る