“気まぐれ発言”が株価直撃 トランプに翻弄される東京市場

公開日:

 トランプ米大統領の“気まぐれ発言”に東京市場は翻弄されている。

「市場の最大の関心は米朝首脳会談です。トランプ大統領は6月12日の開催を中止すると言ったり、やっぱり実行するかもしれないとにおわせたり、クルクル変わります。そのたびに、株式市場は右往左往です」(市場関係者)

 先週24日、トランプは米朝首脳会談の中止を発表した。市場は両国の関係悪化を感じ取り、防衛関連銘柄が急騰した。火薬の細谷火工は16.3%上昇(週初めの21日と25日の終値を比較、以下同)、防毒マスクの重松製作所は7.2%アップ、機雷・魚雷の石川製作所は5.3%の値上がりだ。

「防衛関連銘柄は、ここ2、3週間ほど上昇傾向にありました。市場は、早い段階から米朝首脳会談の実現に疑問を抱いていたということになります」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る