日特エンジニアリング・近藤進茂社長<1>コイル巻線機のトップ

公開日:

 日特エンジニアリングは、コイルを製造する巻線機で世界シェア約36%を占めるトップメーカーだ。

 電子回路やモーターなどの基本となるコイルは、車や家電、パソコン、スピーカー、マイク、医療機器のカテーテルまであらゆる電気・電子製品に欠かせない。

 コイルは多種多様で、最も小さいものでは、スマホやICカードに内蔵される数ミクロンの微小なコイルもある。巻き方に至っては数百種類もあり、それによって用途・特性が違ってくるという。

 同社の強みは、オーダーメードであること。顧客の細かい要望に応じたコイルを量産できる設備を設計・製造することで他の追随を許していない。通信機器メーカーや家電メーカーなど世界の名だたる企業からの引き合いも多く、主力工場(福島市)には、訪問客が引きも切らずにやって来る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る