ZOZOや日本製鉄も? 社名変更と株価上昇の気になる関係

公開日: 更新日:

 住友が消える――。製鉄大手の新日鉄住金は、来年4月1日に「日本製鉄」へ社名変更する。2012年10月に新日本製鉄と住友金属工業が経営統合して現在の社名となったが、わずか6年半で消えることになる。

「旧住金は、住友グループのご三家の一社でした。名門の社名がなくなる寂しさを感じます」(業界関係者)

 ネット通販「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」で知られるスタートトゥデイも10月1日に「ZOZO(ゾゾ)」に社名変更する。早くも兜町では「株価アップ間違いなし」の声が飛んでいる。

「社名とブランド名を統一することで知名度はアップし、企業価値が上がります。そのため社名変更は株価上昇につながるケースも多いのです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 昨年4月1日に社名変更した自動車メーカーの「SUBARU」(旧富士重工業)は、新社名となった後の約1カ月間で、株価が5・2%上昇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る