日特エンジニアリング・近藤進茂社長<2>大学で身につけたたくましさ

公開日:

 8人きょうだいの末っ子として、門司市(現・北九州市)に生まれる。生後半年のとき、父が他界。母は商売をしながら、女手ひとつで子供たちを育てた。

 明治生まれの気骨のある女性で、父親代わりを担っていたこともあり、「世間さまに迷惑をかけるな」などとしつけに厳しかった。

 その一方で、面倒見もよかった。

「我が家も余裕がないのにもかかわらず、近所の若者や引き揚げ者といった食べる物にも困っているような人たちを食事に呼ぶものですから、食卓にはいつも3~4人の客が加わっていました」

 末っ子の近藤は一番上の長女とは18歳も離れていることもあり、家族の愛情を一身に受けながら、自由闊達に育った。

 厳しい経済状況の中でも、教育熱心な母のおかげで、奨学金制度を利用して高校・大学に進んだ。高校時代はラグビー部に所属。大学進学とともに上京することになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る