1億円プレーヤー増加の一途 上場企業“役員報酬”ランキング

公開日:

 上場企業の1億円プレーヤーは増加の一途だ。

 2017年(1~12月)決算で1億円以上の役員報酬を開示した企業について、29日、東京商工リサーチがまとめ、公表した。それによると、開示企業は335社、人数は627人で、ともに過去最多を更新したという。

 別表は高額報酬上位30人のリスト。トップの103億円には目が飛び出るが、目立つのは外国人の多さである。トップ10に7人が入った。

「グローバル化が進む中で、外国に販売ルートを開拓するためなど、外国人役員をヘッドハントする企業が増えてきています。ヘッドハントのために欧米並みの高い報酬を約束することも少なくないとは思いますが、基本報酬よりも業績連動の成功報酬である賞与やストックオプションで支払うケースが増えています」(東京商工リサーチ情報本部の坂田芳博氏) 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る