日特エンジニアリング・近藤進茂社長<4>製品進化も要素技術は変わらず

公開日:

 1980年代、日特エンジニアリングはブラウン管に不可欠な偏向ヨーク(画像を映し出すための一翼を担う偏向用コイル)で、技術的な後れを取っていた。テレビ隆盛の時代に偏向ヨークの市場に食い込まなければ会社の前途はないと、近藤は思った。

「当時付き合いのあった韓国の大手家電メーカー日本法人の支社長が帰国して工場長になっていたので、彼に巻線機の製造を協力してもらい、そこからどんどん攻めていくことができたのです」

 これがきっかけとなって、近藤は海外に目を向け始め、海外展開の陣頭指揮を執っていく。

「設備を売れば、必ずメンテナンスが必要になるから、その流れで海外拠点を増やし、現地の人間を育てながら、海外戦略を進めていきました」

 98年、社長に就任する。その後は、IT技術の進歩に呼応するようにコイルの需要も高まり、アジア・欧米合わせて18カ所の海外営業・サービス拠点を持つまでになった。そのうち3カ所は生産工場も備える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る