• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

聖護院vs井筒 老舗「八つ橋」店の創業年めぐる裁判の行方

「ウソの表示をやめろ」――。京都の銘菓「八つ橋」をめぐって老舗店がライバル店を不正競争防止法で訴えて話題になっている。

 事の発端は「聖護院八ッ橋総本店」(京都市左京区)の創業年表示に、「井筒八ッ橋本舗」(同市東山区)が疑問を抱いたこと。聖護院はHPや店舗の看板などに「元禄二年(1689年)」の創業と表示。店内の商品説明でも「1689年より作り続けている」としてきた。

 これに対して井筒側は、1689年に「八つ橋」が存在したことを示す文献はないと主張。さらに聖護院が冊子で「正確な創業年は『不詳』」と記していたとして創業年の根拠がないとしている。要するにライバル店に「おたくの店、そんなに古くないだろ」とクレームをつけたわけだ。

 実はこの対立は昨年5月に始まった。井筒側が聖護院に創業年の表示を停止するよう求めて京都簡易裁判所に調停を申し立てたが、聖護院側が却下を要求。事態が平行線をたどったため井筒側が民事裁判に訴え、表示の停止と慰謝料など600万円を請求しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る