日本M&Aセンター<上>利益率47%を誇る“高収益”のヒミツ

公開日:

中堅・中小で圧倒的実績

 売上高246億円、経常利益116億円、利益率47・4%という高収益企業が日本M&Aセンターだ。この数字からもわかるように業績は好調で、前期(18年3月期)まで9期連続で最高益を更新中。財務体質も万全で事実上の無借金、長期預金も含めた現預金は260億円と、利益(年)の2倍半近くもある。株価も右肩上がりで、時価総額は約6000億円と、4年間で6倍になった。

 日本M&Aセンターは、1991年に誕生したM&Aの仲介会社。とりわけ中堅・中小企業のM&Aでは圧倒的実績を誇る。今では当たり前にM&Aという言葉を使うが、会社設立時はほとんど知られていなかった。いわばゼロから日本のM&A市場をつくってきたといっていい。

 創業者で会長の分林保弘と社長の三宅卓は、ともに日本オリベッティ出身。オリベッティでコンピューターを売り込んでいたが、その過程で経営相談に乗ることもあり、後継者のいない中小企業が多いことに気が付いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る