日本M&Aセンター<上>利益率47%を誇る“高収益”のヒミツ

公開日:

中堅・中小で圧倒的実績

 売上高246億円、経常利益116億円、利益率47・4%という高収益企業が日本M&Aセンターだ。この数字からもわかるように業績は好調で、前期(18年3月期)まで9期連続で最高益を更新中。財務体質も万全で事実上の無借金、長期預金も含めた現預金は260億円と、利益(年)の2倍半近くもある。株価も右肩上がりで、時価総額は約6000億円と、4年間で6倍になった。

 日本M&Aセンターは、1991年に誕生したM&Aの仲介会社。とりわけ中堅・中小企業のM&Aでは圧倒的実績を誇る。今では当たり前にM&Aという言葉を使うが、会社設立時はほとんど知られていなかった。いわばゼロから日本のM&A市場をつくってきたといっていい。

 創業者で会長の分林保弘と社長の三宅卓は、ともに日本オリベッティ出身。オリベッティでコンピューターを売り込んでいたが、その過程で経営相談に乗ることもあり、後継者のいない中小企業が多いことに気が付いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  10. 10

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

もっと見る