窪田製薬HD・窪田良社長<1>驚きの「売上高ゼロ」上場企業

公開日: 更新日:

 窪田製薬ホールディングスは東証マザーズに上場する創薬ベンチャーだが、なんと、その売上高はゼロである。

「日本企業として日本の市場に上場する企業としては他に例はない」と語るのは、創業者で社長の窪田良だ。

 売上高ゼロの上場企業が存在することに驚かされるが、窪田によると「米国には300の上場創薬ベンチャーがありますが、そのうちの百数十社は当社と同じで売上高ゼロ。珍しいことではありません」。

 創薬ベンチャーはゼロか100の世界。開発した薬の効能が承認され商品として上市されれば一気に業績は跳ね上がる。しかし、開発中は売るべき商品は存在しない。あるいは開発しても承認を得られなければ販売できないのだから売り上げは立たない。結果的に淘汰される創薬ベンチャーは数多い。窪田も今、ゼロか100かの塀の上を歩いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る