窪田製薬HD・窪田良社長<1>驚きの「売上高ゼロ」上場企業

公開日:  更新日:

 窪田製薬ホールディングスは東証マザーズに上場する創薬ベンチャーだが、なんと、その売上高はゼロである。

「日本企業として日本の市場に上場する企業としては他に例はない」と語るのは、創業者で社長の窪田良だ。

 売上高ゼロの上場企業が存在することに驚かされるが、窪田によると「米国には300の上場創薬ベンチャーがありますが、そのうちの百数十社は当社と同じで売上高ゼロ。珍しいことではありません」。

 創薬ベンチャーはゼロか100の世界。開発した薬の効能が承認され商品として上市されれば一気に業績は跳ね上がる。しかし、開発中は売るべき商品は存在しない。あるいは開発しても承認を得られなければ販売できないのだから売り上げは立たない。結果的に淘汰される創薬ベンチャーは数多い。窪田も今、ゼロか100かの塀の上を歩いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る